曹洞宗鶴翁山玄松院
日記交通アクセスお問い合わせ

精進料理、農業体験、フェジョン、ブラジル納豆 宮城県遠田郡美里町のお寺 玄松院

フェジョンとブラジル納豆

ブラジル納豆はこちら>

フェジョン

青々と実をつけたフェジョン(2007年8月)

日本の家庭でひんぱんにカレーライスを食べるように、
ブラジルではフェジョアーダを食べます。
フェジョアーダ、、、、訳すと《豚バラと黒豆の煮込みかけご飯》となるでしょうか。
すっごく美味しいですよ。
このフェジョアーダに使う黒豆のことを「フェジョン」といいます。
英語でいえばビーンズですね。玄松院の農園では、このフェジョンを栽培しています。

栽培を始めたのは1999年のことです。
その年、弟が父と一緒にリオのカーニヴァルを観に行ってきました。
(弟は宮城県白石市でカフェ・ミルトンというブラジル料理を出す店を経営しています)
店で出すフェジョアーダ用に、弟がブラジルから買ってきたフェジョンを、
30粒もらって蒔いたのでした。
以来23年。フェジョンは宮城県小牛田の大地にすっかり根付きました。
夏になってうす紫色の花が咲くと、畑からサンバが流れてくるような気がします。

フェジョンをおわけします
2008年12月

フェジョアーダを作ってみませんか。
去年秋に収穫したフェジョンをおわけします。

300g入り 一袋500円(税込み)+送料350円
農薬不使用。
選別していないため粒に大小があります。

 

ご注文フォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    ご希望の数量やご質問等をご入力ください

    お届け先ご住所
    -


    宛 名

    お届け先電話番号

     

    ブラジル納豆

    私は農業のプロではありません。
    豆は水にひたさずに、そのまま蒔くんですってね。
    そんなこと知らない私は2004年の春、
    発芽促進剤を入れた水にフェジョンを一晩ひたし、蒔きました。
    そしたら、あ~ら不思議、ササゲ系のフェジョンが大豆系に変異してしまったのです。
    「これじゃあフェジョアーダには出来ないなあ」と
    ミルトン・マスター(弟)に言われた私が考えだしたのが
    じゃ~ん『ブラジル納豆』。大粒です。肌が真っ黒です。
    豆がうますぎて、ご飯にかけるのはもったいないくらい。旨さが糸を引きます。
    納豆オムレツにすると、ピンガ(ブラジルの焼酎)のつまみに最高です。

    ブラジル納豆のオムレツ

    「ブラジル納豆」を製造するのは毎年4月〜6月です。発売日、販売店等「新着情報」にアップしますので、チェックするようお願い申しあげます。

    Copyright (C) 2011 玄松院 All rights reserved.